山梨のくだもの

山梨県は盆地特有の気候により、 「くだもの王国・やまなし」が誕生しました。桃、ぶどう、梨、くり、柿、りんご、ザクロ、銀杏またはクルミは「甲斐の八珍果」と言われ、江戸時代から山梨を代表する8種類の果実となっています。
また、甲州市勝沼にある日本のぶどう栽培の発祥のお寺「大善寺」には、珍しいぶどうを手にした「薬師如来像」が祀られています。
このような歴史上からも「くだもの王国・やまなし」が現代に続いています。          
                「甲斐の八珍果」(出典:甲斐叢記)

山梨のももについてご紹介します。

山梨のすももについてご紹介します。

山梨のぶどうについてご紹介します。

JA山梨中央会では「こども農業新聞」を作成しています。 県内の主な農畜産物の収穫・出荷カレンダー、産地地図などわかりやすく掲載されていますので、ぜひご覧ください。