山梨のお茶

山梨県南部にあたる南部地域は山梨県内では温暖な気候に恵まれ、また降水量も多く茶の栽培に適していることから茶の栽培が行なわれています。
茶は薬用植物として大陸から伝来し、中世には仏教の喫茶風習と関係して栽培が普及、甲斐国においては甲州市の向嶽寺や身延町の南松院に茶畑を記した文書が見られ、考古学的にも茶壺や天目茶碗が出土していることから、この頃には栽培が広まっていたと考えられています。南部茶は戦国期に河内領主穴山氏の文書に贈答用として用いられていたことが記されています。
現在は大半をJAふじかわが管理しており、JAが中心となって年一回品評会が開かれています。