トピックス

2017年09月13日

農産物直売所 「たべるJA(じゃ)んやまなし」 "5周年感謝祭" 開催しました!

  甲府・青葉町にある山梨県本部が運営する農産物直売所「たべるJA(じゃ)んやまなし」が9月に5周年を迎えました。日頃のご愛顧に感謝し、9月8、9、10日の3日間「5周年記念感謝祭」を開きました。

  初日は秋晴れのもと、午前9時のオープン前から入り口に長蛇の列ができ、先着でウエルカムジュースをプレゼントし、お客様をお迎えしました。

  店頭では、さまざま農畜産物が試食販売され、JA鳴沢村のご協力をいただき、もぎたて「トウモロコシ」や今年は「焼きトウモロコシ」を初めて販売しました。その向かいでは「だだちゃ豆」、「紅こがね」の詰め放題が行われ、大人から子供まで人気を呼び、コーナーは大にぎわいでした。

  全農埼玉県本部とのコラボで埼玉県産「梨」、「栗」の試食販売で秋の味覚をPRしました。その隣りでは県食肉流通センターに協力いただき「甲州ワインビーフ」、「富士桜ポークウィンナー」の焼きたての試食を用意し味を確かめていただきました。

  日替わり出店ブースは、静岡漁連の「鮮魚販売」、石釜で香ばしく焼き上げたオリジナルピッツァの販売、農業法人「えべし」の「かき氷」、「自家製ソース掛けアイス」などさまざまなメニューを用意しました。また、オリジナルハンドメイド作品を販売するブースも並び、見て、食べて、作って、楽しんでいただきました。

  子供たちには野菜をもっと身近に感じてもらおうと全農アンテナショップ「いちごいちえ」のブースには、カラフル「ミニトマトすくい」でゲーム感覚で楽しんでもらうほか、イベントの一つ「ヨーヨー釣り」や「わた菓子」を無料でプレゼントし、子供たちにも感謝祭を楽しんでもらいました。

  当日のお買い上げ金額1,500円以上のレシート提示で「レシート抽選会」へ参加していただき、店内でも販売している県産農畜産物の賞品を用意しました。

  農協観光、共済連、厚生連、JAバンク山梨、にご協力いただき、日替わりで各ブースを設け感謝祭を盛り上げていただきました。

  恒例のジャンケン大会は3日間開催され、1位には県産ブドウの詰め合わせをプレゼントするなどで来店者に感謝祭を楽しんでいただきました。

  たべるJA(じゃ)んやまなしは、感謝祭をはじめ、さまざなイベントを通じて今後も広く県民の皆様にご愛顧いただくようさらなるサービスの向上をめざすとともに、県内農業の生産振興・地産地消の推進など展開します。

先着でウェルカムジュースをプレゼントの内容を表示

先着でウェルカムジュースをプレゼント

アツアツの鳴沢産「トウモロコシ」の試食でお客様をお出迎えの内容を表示

アツアツの鳴沢産「トウモロコシ」の試食でお客様をお出迎え

「ただちゃ豆」と「紅こがね」の詰め放題コーナーは、大にぎわいの内容を表示

「ただちゃ豆」と「紅こがね」の詰め放題コーナーは、大にぎわい

「レシート抽選会」は何が当たるかワクワク・ドキドキの内容を表示

「レシート抽選会」は何が当たるかワクワク・ドキドキ